健康・栄養・食事

管理栄養士こざわさなえの「健康&栄養」情報局

睡眠を促す食べ物~眠れない時には?~

kis1123l

夜眠れない、「不眠」の原因には、

不安、ストレス、時差ボケなどいろいろな原因がありますが、

不眠を防ぐためには、

規則正しい生活を心がけるのはもちろん、

食事の時間、食べ物にも意識を向けるべきです。

 

 

睡眠を促すのは、メロトニンというホルモンで、

このメロトニンが脳から分泌されると、

人は心地よく眠りにつきます。

 

この、メロトニンの分泌を促す脳内物質に、

セロトニンというものがありますが、

そのセロトニンの元になるのが、

「トリプトファン」というアミノ酸の一種です。

 

説明が長くなってしまいましたが、

結論は、このトリプトファンを摂取すると、

眠りやすくなる。ということです。

 

 

・トリプトファン

トリプトファンは、幅広い食べ物に含まれているので、

トリプトファンを含む食べ物を知っていれば、

普段の食事から自然に摂取できますよ。

 

 

トリプトファンを含み、睡眠を促す食べ物

・牛乳

・赤身肉

・レバー

・バナナ

・チーズ

・アーモンド(ナッツ類)

 

 

「最近眠れないな、寝つきが悪いな」と思ったら、

寝る前にホットミルクを飲むのがおすすめです。

 

上にあげた食べ物も、寝る前に食べるのはお勧めしません。

食事は就寝の3時間前までにとるのがベストですからね。

 

食事後すぐに眠ってしまうと、

胃の活動も止まってしまうので、

食べ物が消化されにくくなってしまいます。

 

 

ちなみに、トリプトファンは、

セロトニンの材料になるだけでなく、

神経伝達物質としての役割があり、

また、鎮痛作用があり、免疫力を高めます。

 

 

 ・ビタミンB6

また、メロトニンの分泌を促す「セロトニン」の合成には、

トリプトファンの他に、ビタミンB6も必要です。

トリプトファンとビタミンB6によって、

セロトニンが合成されるのです。

 

なので、

ビタミンB6を消費してしまうアルコールを摂取すると、

寝つきは良くても、睡眠の質の低下につながってしまうので、

注意してください。

 

 

・最後に

現在の睡眠薬は、それほど危険ではありませんが、

いくつかの副作用があります。

なので、「眠れない」と思ったら、まずは睡眠薬に頼らず、

生活や食事を見直してみましょう。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
キャッチフレーズ
ダイエテティックコンシェルジュが 貴方の疾病予防・体調管理を ご提案します!!
ダイエテティックコンシェルジュとは

医学・栄養学・心理学に基づいて
それぞれのクライアントにとって
有効な情報を提供する栄養士

コンシェルジュカウンセリング

地図-1~1
場所:Healthy dish 事務所
JR東神奈川駅 および
京急仲木戸駅徒歩8分
東横線東白楽駅徒歩5分
受講料:2000円/1h
(コーヒーまたは紅茶付き)
予約制
連絡先:kozawa.giken@gmail.com
Fax:045-620-9844

プロフィール

IMG_2499-s1

はじめまして、
管理栄養士・基礎心理カウンセラー
こざわさなえです。
Healthy dish
(技研センター有限会社)
取締役としてセミナーや
カウンセリングを中心に
皆さんに健康を届けたい
という思いで仕事をしています。
食事・栄養素の大切さ、
皆さんにお知らせしたいことを
この情報局から発信していきます。

料理教室のお知らせ

<ハートフルクッキング>
◎6月16日(月) 
10:00~13:00 
スペイン料理
横浜市青葉区
大場みすずが丘地区センター
◎8月18日(月)
10:00~13:00
ベトナム料理
横浜市青葉区
大場みすずが丘地区センター
<乳がんの方のための料理講座>
◎6月24日(火)
10:00~13:00
横浜市青葉区
フォーラムあざみ野3F生活工房
<男の日常食入門>
◎10月4日(土)
10:30~14:00
ご飯の炊き方
野菜の切り方 ほか
横浜市青葉区
フォーラムあざみ野3F生活工房

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
アクセス解析