健康・栄養・食事

管理栄養士こざわさなえの「健康&栄養」情報局

2種類の便秘 解消する食べ物

b1

医学的に「便秘」とは、

便通が週に3回未満の状態が慢性的に続くことを指します。

 

便秘には「弛緩性便秘」と「けいれん性便秘」の、

2種類あり、それぞれで解消するための食べ物も、

違ってくるので、注意が必要です。

 

 

弛緩性便秘

大腸の筋肉の緊張が低下することで起きる便秘で、

大半の便秘がこれにあたります。

 

原因

・運動不足

・ストレス

・神経障害

・生活リズムの乱れ

・食物繊維の不足

 

解消法

食物繊維を多くとる。

または、イモ類、バナナなど、

ガスが発生しやすい食べ物を食べて、腸を刺激する。

 

 

けいれん性便秘

弛緩性便秘とは逆で、

ストレスなどから腸がけいれんを起こして収縮し、

内容物が通りにくくなっている状態です。

食物繊維やガスが発生する食べ物は控える必要があります。

 

原因

・ストレスなど

 

解消法

辛いもの、カフェイン、アルコール、炭酸など

過敏になっている腸を刺激する食べ物を控える。

 

 

 

便秘になったからといって、

食物繊維をとっていればいいというわけではありません。

自分がどちらに当てはまるか、

見分けたうえで対応しましょう。

 

 

弛緩性便秘とけいれん性便秘の見分け方

弛緩性便秘

・固く太い便

・粘液少

・持続的

・便意少

・腹痛なし

 

けいれん性便秘

・軟便

・ウサギの糞状

・粘液多

・間欠的

・便意多

・腹痛あり

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
キャッチフレーズ
ダイエテティックコンシェルジュが 貴方の疾病予防・体調管理を ご提案します!!
ダイエテティックコンシェルジュとは

医学・栄養学・心理学に基づいて
それぞれのクライアントにとって
有効な情報を提供する栄養士

コンシェルジュカウンセリング

地図-1~1
場所:Healthy dish 事務所
JR東神奈川駅 および
京急仲木戸駅徒歩8分
東横線東白楽駅徒歩5分
受講料:2000円/1h
(コーヒーまたは紅茶付き)
予約制
連絡先:kozawa.giken@gmail.com
Fax:045-620-9844

プロフィール

IMG_2499-s1

はじめまして、
管理栄養士・基礎心理カウンセラー
こざわさなえです。
Healthy dish
(技研センター有限会社)
取締役としてセミナーや
カウンセリングを中心に
皆さんに健康を届けたい
という思いで仕事をしています。
食事・栄養素の大切さ、
皆さんにお知らせしたいことを
この情報局から発信していきます。

料理教室のお知らせ

<ハートフルクッキング>
◎6月16日(月) 
10:00~13:00 
スペイン料理
横浜市青葉区
大場みすずが丘地区センター
◎8月18日(月)
10:00~13:00
ベトナム料理
横浜市青葉区
大場みすずが丘地区センター
<乳がんの方のための料理講座>
◎6月24日(火)
10:00~13:00
横浜市青葉区
フォーラムあざみ野3F生活工房
<男の日常食入門>
◎10月4日(土)
10:30~14:00
ご飯の炊き方
野菜の切り方 ほか
横浜市青葉区
フォーラムあざみ野3F生活工房

2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
アクセス解析